集合住宅

利用者の安全性を最優先

ヘルメット

安全であることの証明

階数の多いマンションやビルなど、エレベーターが設置されている建物は少なくありません。こうしたエレベーターは利用者の利便性を高めることはもちろんですが、利用にあたってその安全性が確保されていることがとても大切になってきます。部品に何かしらのトラブルがあればそれがエレベーターの乗り心地にも影響してきますし、何より故障による利用者のケガを引き起こす可能性も出てくるのです。こうした安全性を確保するために定められているのが定期的な保守点検です。基本的に月一で行われるこの保守点検は専門技術者がエレベーターのチェックを行い、その結果を3年間以上保管する義務があります。これによってエレベーターの安全が確保され、利用者も安心してエレベーターを活用していくことが出来るのです。

徹底したサービスが魅力

こうしたエレベーターの保守点検は専門業者に依頼するのが一般的です。こうした点検を専門としている業者であればサービスの一環として点検の他、部品の交換、修理もすべて依頼することが出来ます。変に点検を怠ると部品の劣化を促進してしまう可能性もあるため、よりサービスの充実した専門業者を利用することがポイントとなります。機能性、快適性の維持にお金をかけないためにも、サービスが充実している業者を探していくのです。具体的に、保守点検にプラスして部品の交換、修理を料金内に含めたサービスを展開している業者であればすべての管理を任せることが出来るので安心です。建物の管理者とはいえ、素人には判断しにくいことなので最初からプロにすべてを依頼するのがベストとなってくるのです。